ビットコイン先物前夜にとまどうトレーディング幹部-大手銀行の裏側

  • Cboeは10日に取引開始、市場参入に前向きなデスクも
  • 大半は慎重な姿勢で、懸念や未解決の問題を吐露

A collection of bitcoin tokens

Photographer: Chris Ratcliffe

仮想通貨ビットコインの先物取引が始まる10日を目前に控え、眠れない夜を過ごしている大手銀行幹部もいる。

   Cboeグローバル・マーケッツがあと数日でビットコインの先物取引を開始するにもかかわらず、多くの銀行は依然として顧客にサービスを提供するかどうかを思案している。仮に提供するならそれをどう取り扱うのか。

  インタビューに答えてくれた一部の幹部やトレーダーは、デスクは参入に意欲的と話すものの大半は慎重な姿勢で、懸念や未解決の問題を語り始めた。今週に入ってからのビットコイン価格の急変動は、新しい市場の怖さをあらためて知らしめた。

  主要6行のインタビューは全て匿名が条件で、上司の公式見解と矛盾していることを懸念したり、ポジションを取るのはまだ早いとの意見が聞かれた。以下に懸念事項を挙げる。

評判の地雷

  一部銀行の最高経営責任者(CEO)や業界幹部らはこの数カ月、ビットコイン批判を公に繰り広げた。「詐欺」「まさにバブルの化身」「マネーロンダリング(資金洗浄)のための目録」など。銀行がサポートした顧客の投資が吹き飛んだら一体どうなるのだろうか。

どこのデスク?

  ビットコインの熱狂的な支持者はこれを通貨だと言う。米商品先物取引委員会(CFTC)は商品だと言い、ゴールドマン・サックス・グループもそうだ。これら市場のトレーディングデスクが新たな商品を扱うのが当然のように思えるかもしれないが、ある幹部は値動きの類似性から株式デスクで扱うことを議論する必要があると語った。

暴力的なボラティリティー

  資産価格が安定していれば、銀行は比較的容易に値付けをしやすい。ただ、銀行がビットコインを保有するのはあまりにもリスクが大きい。価格は数分の間に大きく振れ、それをバランスシート上に載せる確立したモデルもない。銀行は顧客同士をマッチングして清算を試みるだろうが、かなり難しいだろう。数人のトレーダーは、多くの顧客の関心は空売りだけだと語る。

清算リスク

  米国先物業協会(FIA)は今週、CboeやCMEグループは適切なリスクの検証を抜きにビットコイン先物の市場投入を急いだとして懸念を表明。世界最大のデリバティブ仲介業者で構成されているFIAは、ビットコインの激しいボラティリティーによって投資家は債務不履行になる恐れがあると指摘した。

参入のタイミング

  官僚的な大手行がタイトなスケジュールの中でこれらの全てのメカニックを把握するのは厳しいだろう。ゴールドマンの計画に詳しい関係者は、同行が一部の顧客向けに清算業務の実施を計画しており、ケース・バイ・ケースで判断すると語った。一方、バンク・オブ・アメリカ(BofA)とシティグループには向こう数週間に清算業務を始めることはないだろう。大手行が積極的に参加してこそ市場はスムーズに動く。大手行の参加が少ない中で、リスクテークに積極的な銀行が初めから有利なのだろうか。
       

原題:Inside Big Banks, Bitcoin Futures Are Riling Trading Executives(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE