クシュナー氏に民主党議員らが書簡-666フィフスで外国との関係懸念

米民主党の議員グループが、トランプ大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問に対し、トランプ氏が大統領に当選して以降、親族が所有するニューヨーク・マンハッタンのオフィスタワー「666フィフスアベニュー」の資金繰りについて外国人と話したことがあるかただす書簡を送った。

  テッド・リュー議員(カリフォルニア州)やジェイミー・ラスキン議員(メリーランド州)、ブレンダン・ボイル議員(ペンシルベニア州)を含む民主党議員13人が署名した書簡は、「外国人や外国の事業体から666フィフスアベニューへの多額の支援を求める可能性がありながら」、クシュナー氏が政府の上級ポストにあることに懸念を表明した。

666フィフスアベニュー

写真家:Victor J. Blue / Bloomberg

原題:Democrats Ask Kushner If He Sought Help Abroad for Family Tower(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE