コンテンツにスキップする

【インサイト】2018年を不安にさせる数字「98兆7500億6700万ドル」

  • 世界の上場企業の時価総額が100兆ドルの大台に手の届く水準に
  • 株式のボラティリティーが債券を下回るという前代未聞の現象も
2018年を不安にさせる数字:98兆ドル

年の瀬が近いが、2017年が市場にとってどんな1年だったかを示す象徴的な12のチャートを用意した。興ざめを誘う気持ちは全くない。ただチャートが映す状況を見ると、18年について少し不安にさせられるとだけ、言っておくとしよう。

  世界全体の上場企業の時価総額は12月1日の終値ベースで98兆7500億6700万ドル(約1京1170兆円)と、100兆ドルの大台にすぐ手の届く水準に初めて達した。

A (Very Big) Round Number

World equity index market capitalization is a whisker away from $100 trillion

Source: Bloomberg

  この株価の急上昇はボラティリティーの低下と同時に起きた。株式市場のボラティリティーが債券市場のそれを下回るという前代未聞の現象も今年発生した。

Comfortably Numb

60-day volatility for stocks dropped below that of bonds for the first time this year

Source: Bloomberg

  債券市場の領域も不穏なバブルの様相を呈している。ユーロ圏の2年国債の利回りは今年に入り急速にゼロを割り込み、欧州中央銀行(ECB)の中銀預金金利(現行マイナス0.4%)を下回る金利で多くの政府が資金を借り入れることができる。

Below Zero

Most European government bonds yield less than the -0.40% ECB deposit rate

Source: Bloomberg

  ECBが債券購入によるバランスシートの拡大を続ける中で、利回りが押し下げられている。

ECB Takes The Lead

Central banks all ramped up their balance sheets after the crisis, but the ECB is carrying on

Source: Bloomberg

  米国債市場では資産家のファンドマネジャーであるビル・グロース氏を含め、イールドカーブのフラット化が一部の債券投資家にとって気掛かりな点だ。

Flatter and Flatter

The U.S. yield curve has flattened steadily over 2017

Source: Bloomberg

  国債のリターンがすずめの涙という状況で、社債に資金が流れ込んでいる。バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチのアナリストらによると、欧州の投資適格債ファンドは45週連続で流入超となった。このままいけば年間の資金流入は過去最高となる見通しだ。

1512144323_Yield Reach

  今年はユーロ建ての社債の新規発行も過去の記録を更新しそうだ。

Corporate Bonanza

With one month to go, 2017 sales are already 10 percent above the total for 2016

Source: Bloomberg

  欧州の投機的格付け(ジャンク)債の米10年国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)が8月に一時マイナスとなった。投資家の旺盛な需要に伴う利回り低下によって、この種の債券はいわゆる「高利回り」債という呼び名がますますふさわしくなくなった。

Not Such a High-Yielding Market

Non-investment grade European corporate yields fell below 3 percent for the first time in 2017

Source: Bloomberg

  イタリア・ルネサンス期を代表する芸術家レオナルド・ダビンチが描いたキリストの肖像画「サルバトール・ムンディ」(救世主)が先月、クリスティーズのオークションで芸術作品としては過去最高額の4億5030万ドルで落札された。落札額は予想の1億ドルを優に上回った。落札者は明らかにされていない。

Art for Art's Sake?

The unidentified buyer of the da Vinci artwork broke the record

Source: Bloomberg

  アマゾン・ドット・コムの約55%という年初来の株価上昇率は、創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)にとって特に良いニュースだ。ブルームバーグ・ビリオネアズ・チームの責任者ロバート・ラフランコ氏によれば、資産額が1000億ドルの水準を上回る企業経営者はベゾス氏で2人目。この水準にはマイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏が1999年に到達した。

It's Good to be Jeff Bezos

The net worth of the Amazon founder surpassed $100 billion last month

  そして最大のバブル市場は、仮想通貨ビットコインだ。価格は7日の取引で1万6000ドルを突破した。

A Tenfold Increase This Year

Bitcoin's seemingly inexorable rise

Source: Bloomberg

  そうした動きにもかかわらず、「バブル」という言葉のニュース記事での使用頻度は、過去のピークをなお下回っている。それでも来年について心穏やかでいられますか?

A Bubble in Bubbles

Use of the word "bubble" in stories on the Bloomberg terminal

Source: Bloomberg's NT function

  (このコラムの内容は必ずしもブルームバーグ・エル・ピーの意見を反映するものではありません)

原題:98,750,067,000,000 Reasons to Be Nervous About 2018: Gadfly(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE