コンテンツにスキップする

日本株連騰、米政策期待や円安で内外需広く上げ-6日の急落分埋める

更新日時
  • 米大統領は1月にインフラ計画発表へ、暫定予算成立で政府閉鎖回避
  • ドル・円は1ドル=113円30銭台、3週ぶりの円安水準
1504217001_topix from the to
Bloomberg
1504217001_topix from the to
Bloomberg

8日の東京株式相場は大幅に続伸。米国のインフラ計画への期待や暫定予算成立による安心感に加え、為替の円安も好感された。電機や精密機器など輸出株や商社、海運株といった海外景気敏感業種を中心に陸運や不動産、パルプ・紙など内需株も高く、東証1部33業種中、32業種が高い。

  TOPIXの終値は前日比17.48ポイント(1%)高の1803.73、日経平均株価は313円05銭(1.4%)高の2万2811円08銭。両指数とも6日の下げ分(TOPIX25.55ポイント、日経平均445円34銭)を2営業日で完全に埋めた。

  ちばぎんアセットマネジメントの加藤浩史運用部長は、「来年が中間選挙の年である米国は上下院がうまくすり合わせを行っており、マーケットにとって安心感がある」と指摘。暫定予算、年内の減税可決、実現性はともかく、年明けからはインフラ計画も打ち出し、「粛々と景気を押し上げようとする可能性がある」と話した。日本株については、外部要因で一時的に調整しても、「企業業績の良さやPERの割安感から国内勢など買いたい向きがいることが分かった」と言う。

Images Of Tokyo Stock Exchange And Stock Boards As Japan Stocks Jump On BOJ Stimulus

東証内

Photographer: Junko Kimura/Bloomberg

  トランプ米大統領は表明していたインフラ計画を来年1月に発表し、政策課題を推進する方針だと政権高官が明らかにした。1月30日の一般教書演説の前に、道路や橋、空港などを改修する公共事業計画の公表を目指す。大統領は就任後100日以内に1兆ドル(約113兆円)のインフラ計画を打ち出すと選挙戦で公約していた。

  また、米上下両院は7日、期間2週間の暫定予算案を可決した。インフラ計画や今週の政府機関閉鎖を回避したことが重なり、日本時間に入っても米10年債利回りは上昇。きょうのドル・円相場は1ドル=113円30銭台と、11月15日以来のドル高・円安水準に振れた。前日の日本株終値時点は112円51銭。

  日本アジア証券の清水三津雄エクイティ・ストラテジストは、「米国景気は強くないとの見方が一部ある中、景気刺激策であるインフラ計画と減税が出てくれば、米景気の押し上げにつながり、景気と株式市場にとってウェルカムだ」とみている。来週の連邦公開市場委員会(FOMC)では米利上げが予想され、「為替は緩やかな円安が続きそう。輸出企業の想定レートが1ドル=109円で、為替が安定して推移すれば、製造業の業績には上振れ余地がある」との認識も示した。

  内閣府が8日に発表した日本の7ー9月期の実質国内総生産(GDP)の改定値は、設備投資の引き上げを要因に前期比0.6%増と速報値の0.3%増から上方修正され、7期連続のプラス成長となった。市場予想は0.4%増。大和証券の高橋和宏株式ストラテジストは、「人件費増加による省力化投資や電気自動車の能力増から、半導体や工作機械中心に設備投資の増勢はまだ続くだろう」と分析。半導体などテクノロジー株も10ー12月期業績は堅調が予想され、米国で売りが収まると、「買い遅れた向きが押し目買いに動きやすい」と言う。

  チャート分析上は、前日のTOPIXに続き日経平均もきょう25日移動平均線を回復。6日の急落は「一時的なもので、日本株は上昇基調に回帰することになる」と日本アジア証の清水氏は指摘した。きょうの取引開始時は先物・オプション12月限の特別清算値(SQ)算出で、ブルームバーグの試算で日経平均は2万2590円66銭と前日終値を92円63銭上回った。

  東証1部33業種はパルプ・紙、不動産、精密機器、海運、空運、陸運、サービス、卸売などが上昇率上位。下落はその他製品の1業種。売買代金上位では、東京エレクトロンやSUMCO、信越化学工業など半導体関連銘柄が高く、CLSAアジアパシフィック・マーケッツが投資判断を上げた京セラ、モルガン・スタンレーMUFG証券が判断を上げたアイフルも買われた。半面、任天堂や資生堂、11月の単体売上高が減少した電通は安い。

  • 東証1部の売買高は20億530万株、売買代金は3兆7465億円、SQの影響で代金は前日から33%増えた
  • 値上がり銘柄数は1405、値下がりは543
    直近の日経平均チャート、25日線を早々に回復
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE