ビットコインでの支払い、もはや受け入れ不能-ゲーム配信STEAM

  • 取引手数料の高さや価格変動の激しさがネック
  • 手数料は先週1件当たり20ドル前後-当初の約20セントから急増

Computer network cables sit connected to server machines

Photographer: Mario Proenca

米欧で最大のオンラインゲーム配信サービスの「Steam」は7日、ビットコインでの支払いを今後受け付けないと発表した。取引手数料の高さや価格変動の激しさを理由に挙げた。

  米バルブ傘下のSteamは、手数料急上昇が買い手にとってのコストを高めたことに加え、購入時の大幅な価格変動が「大幅な値段の差」につながり得るため、ビットコインでの支払いを容認できなくなったと説明した。手数料は先週、取引1件当たり20ドル(約2250円)前後に達し、ビットコインの支払いが可能になった当初の約20セントから急増したという。

  Steamの決定は、ビットコインの採用に水を差すもので、分散型支払いシステムとして広く利用されるとの当初ビジョンの実現にはまだ遠いことがうかがわれる。ビットコインは今年1300%以上値上がりして1万4000ドルを突破したが、バブルだと指摘する声は多い。

原題:Bitcoin Shunned by Online Gaming Platform Steam on Fees, Swings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE