シティグループ、上院税制法案成立なら200億ドル費用発生-CFO

Citigroup Inc. signage is displayed at a bank branch in New York, U.S..

Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

シティグループは、米上院の税制改革法案が成立した場合、約200億ドル(約2兆2500億円)の費用が発生すると見込む。ジョン・ガースパッチ最高財務責任者(CFO)が6日、投資家会議で明らかにした。

  同CFOは、法案成立の時期に同行が繰り延べ税金資産の評価を引き下げることなどに伴い、こうした費用が発生すると説明した。アナリストらはシティグループが多額の評価損を計上するとは予想していたが、その額は120億ドル程度とみられていた。JPモルガン・チェースは5日、最大20億ドルの費用を見込むと明らかにしていた。

原題:Citigroup CFO Sees $20 Billion Charge If Senate Tax Bill Enacted(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE