元ブルークレストのトレーダー、アジア株特化のファンド始動-関係者

  • 香港拠点のオバタ・キャピタル、2億ドル余りを調達
  • 内部資金と中核機関投資家の資金でトレーディングを1日に始めた

英投資会社ブルークレスト・キャピタル・マネジメントを今年辞めたトレーダーのチームが、自ら始めたアジア株投資のヘッジファンド向けに2億ドル(約224億円)を超える資金を集めた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報は未公開だとして匿名を条件に語った関係者によると、オバタ・キャピタル・マネジメントは内部資金に加え、中核的な機関投資家1社からの資金で1日からトレーディングを開始した。香港を拠点とする同社は、ブルークレストでアジア株式チームの責任者を務めていたジェームズ・チェン最高投資責任者(CIO)が率いる。

  関係者によれば、オバタはロング・ショート戦略のほか、関連銘柄間の価格差に着目した戦略、買収のような企業絡みのイベントを活用した戦略などを採用する。同社のニコラス・ブルーム最高執行責任者(COO)はコメントを控えた。
         
原題:Ex-BlueCrest Team Said to Open Hedge Fund With Over $200 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE