コンテンツにスキップする

マコネル氏:わいせつ疑惑のムーア氏、当選なら上院倫理委が調査も

  • ムーア氏は以前、複数の10代女性にわいせつ行為をした疑いがある
  • ムーア氏は米アラバマ州上院補欠選の共和党候補

共和党のマコネル米上院院内総務は5日、わいせつ疑惑が浮上している米南部アラバマ州上院補欠選挙の共和党候補、ロイ・ムーア氏について、来週12日の選挙で当選した場合は上院倫理委員会が調査に乗り出す可能性があると述べた。

  ムーア氏は今から30年以上前の30代の頃、14歳の少女に性的関係を迫ったほか、16歳の少女に性的暴行を行った疑いがかけられている。そのほか数人の女性が10代の時にわいせつ行為などの被害に遭った疑いも報じられた。しかし、共和党が強いアラバマ州でムーア氏は支持率で民主党候補のダグ・ジョーンズ氏をリードしている。

  マコネル氏は米議会議事堂で記者団に対し、「ムーア氏が万一当選した場合は直ちに上院倫理委員会が問題を提起するだろう」と述べた。

  マコネル氏は共和党上院予備選でムーア氏を支持しなかった。先月、わいせつ疑惑が浮上した後、立候補を取り下げるよう求めたが、その後、4日のABCの番組「ジス・ウィーク」で、「アラバマ州の住民に重大な決断を委ねるつもりだ」と述べ、態度を軟化させていた。

原題:McConnell Says Alabama’s Moore to Face Ethics Probe If He Wins(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE