ロシア選手団の平昌冬季五輪参加認めず、個人参加は可能-IOC

  • 個人で参加の場合、表彰式で国歌は演奏されず国旗も掲揚されず
  • 国ぐるみのドーピング疑惑の3年間の調査に基づき決定
Photographer: Paul Gilham/Getty Images Europe

国際オリンピック委員会(IOC)は5日、2018年平昌冬季五輪へのロシア選手団の派遣を認めないと発表した。個人は参加可能だが、表彰式でロシア国歌は演奏されず、国旗も掲揚されない。

  14年ソチ五輪の前と開催中に国ぐるみでドーピングを行った疑惑を巡るIOCの3年間にわたる調査に基づき、決定された。ロシアのオリンピック委員会の資格は即時停止された。

原題:Russian Athletes at 2018 Olympics Won’t Have Flag or Anthem (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE