【インサイト】金融引き締め後も低金利が生命保険会社の利益を圧迫

2017年の米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げで明るさが増したとはいえ、18年は投資収益を主な収益源とするほとんどの生命保険会社の利益率に、幾分の下押し圧力がかかるだろう。FRBの見通しとアナリスト推計による新たな利回りに基づけば、利上げによりもたらされる当面の恩恵は、運用利回りの低下ペースが緩慢になる可能性があることのみであろう。

・7-9月期の生命保険業界の運用利回りは過去最低に

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)がウオッチする生命保険会社の7-9月(第3四半期)の運用利回りは、中央値で前年同期比22ベーシスポイント(bp)弱低下して4.13%と、過去最低を記録した。利回りが平均を下回る新規投資が含まれていることも低下の一因である。7-9月のリンカーンの債権運用利回り4.73%だったのに対し、新規投資分の利回りは4%だった。また、トーチマークでは債券運用利回り5.64%に対し、新規投資分の利回りは4.4%だった。株式市場の好調が確定利付き債権ポートフォリオへの圧力を見えにくくしているが、18年も引き続き金利が業界の利益創出への逆風となるだろう。

  保険業界向け資産運用会社のコニングは、生命保険業界の資産運用利回りは10年から16年にかけて約70〜80bp悪化しており、以前の水準に戻るには3〜8年を要すると予測している。この悪化幅はBIの見方と一致するが、回復ペースは将来の金利動向によって変わってくるだろう。

BIがウォッチする生命保険会社の税引前利回りの中央値(%)

・緩やかな利上げで利益率改善余地が限られる

  9月発表のFRBの政策金利見通しは、長期金利が平均的なサイクルのピークを下回ることを示唆する。生命保険会社、中でも平均以上の利回りを見込んだ料金設定の商品を有する場合、利益率改善幅は期待外れなものとなるだろう。FRBは、経済のバランスを取るには長期的に2.8%への利上げが必要と想定し、見通しを6月発表の3%から引き下げた。金利は17年の1.4%から19年末に2.7%へと、年率65bpの極めて緩やかな上昇にとどまることになる。

  関連企業:金利に敏感な保険商品を多く有する保険会社として、メットライフ、プルデンシャル・ファイナンシャル、リンカーン・ナショナル、AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)、およびボヤ・ファイナンシャルが挙げられる。米国以外に本拠を置く企業では、欧州のアリアンツとプルーデンシャルが金利に敏感な米国年金資産を多く有する。

9月時点のFRBの金利見通し

・一部の保険会社は低金利の影響を受けにくく、より良い立場にある

  収益全体に占める投資収益の割合は、低金利による利益押し下げ幅に影響を及ぼす変数のひとつにすぎない。 ユナム・グループ、アフラック、トーチマークは、保障重視商品の保険料が収益の大半を占めるため、相対的にこの影響が小さい。リンカーンとプリンシパル・ファイナンシャル・グループでは、保険手数料を収益の柱とする部門および株式市場の好調によって、債券運用利回り低下による利益への下押し圧力が緩和される。同様に、プルデンシャルも手数料中心の収益に支えられている。一方、リテール部門のブライトハウス・ファイナンシャルを分離したメットライフは、ここからの手数料収入と投資収益を期待できなくなった。

  アテネ・ホールディングの状況は特別で、金融危機による金利急落後に保険契約の総量が固まった。加えて、同社の保証利率は依然として必要最低水準を80〜90bp上回るため、利益率維持に向けた柔軟な対応が可能である。

主要生命保険会社の収益構成(%)16年4Qー17年3Q

・スプレッド圧縮幅は、保険商品や契約期間によって異なる

  投資スプレッドの悪化ペースに重大な影響を与えるのは、投資収益への依存度が高い部門の投資ポートフォリオ構成と保険商品の契約期間だ。17年1-9月の営業利益が前年同期比1%減少したメットライフの退職給付事業部門では、相対的に利益率の高い保険が満期を迎えたため、コア投資スプレッドが2桁台縮小した。メットライフの悪化ペースがAIGとリンカーンより速いのは、中短期の契約がリターンのボラティリティーを高める保証付き投資契約市場における同社のポジションが反映されてのことかもしれない。

  メットライフの退職給付事業は同社の投資収益の約30%を稼ぎ出すが、うちメットライフ・ホールディングスからの寄与は33%にすぎない。他の保険会社の退職給付事業部門では事業構成が異なるため、7-9月期の投資スプレッドはさほど悪化しなかった。プルデンシャルの同期の同事業の投資スプレッド悪化幅は約4%だった模様だ。

退職給付事業部門のコア投資スプレッド(bp)

原文の英字リポートはこちらをクリック
Low Rates Crimp Life Insurer Profit Even With Fed Tightening Low Rates Crimp Life Insurer Profit Even With Fed Tightening

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE