トランプ大統領、未成年わいせつ疑惑のムーア候補を支持-上院補欠選

  • 減税法案を理由にムーア共和党候補当選の必要性を説く
  • 世論調査ではムーア氏リード、選挙は12日実施

トランプ米大統領はアラバマ州の上院補欠選挙に出馬したロイ・ムーア氏(共和党)に対し、正式な支持を表明した。アラバマ州最高裁長官を務めた経歴を持つムーア氏は、当時未成年だった女性を含め複数の女性からわいせつ行為で非難されている。

  トランプ氏は4日朝に、「民主党は巨大な減税法案に一票も投じることを許さなかった。だからこそ共和党のロイ・ムーア氏がアラバマ州で勝利しなくてはならない」とツイッターに投稿。「ムーア氏への賛成票が必要な理由には、犯罪と不法移民の撲滅、国境の壁建設、軍、反中絶、退役軍人の待遇、銃保有の権利にとどまらない。ペロシ氏とシューマー氏が操るジョーンズ氏を拒絶しろ」と続けた。

  アラバマ州の上院選には民主党からダグ・ジョーンズ氏が出馬している。

  ムーア氏は30代の頃、未成年の女子に性的な関係を迫ったとの疑惑が浮上している。リアル・クリア・ポリティクスの世論調査によれば、ムーア氏の支持率は最近盛り返しており、ジョーンズ氏に対して3.2ポイントリードしている。選挙は12日に実施される。

原題:Trump Endorses Roy Moore for Senate, Despite Sex Allegations (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE