英EU離脱交渉の進展困難か、司法裁管轄も争点に浮上-当局者

  • メイ英首相は与党保守党が容認する最大限の譲歩
  • 英首相は4日にユンケル欧州委員長とブリュッセルで昼食を共にする

英国の欧州連合(EU)離脱を巡る協議では、EU市民の権利に関するEU司法裁判所(ECJ)の管轄権についての対立が最大の障害となりそうだ。英当局者が明らかにした。

  英国の離脱後のアイルランド国境問題も解決が必要だが、週末の協議を受けECJの問題が最大の障害として浮上した。英当局者とEU側の事情を知る関係者が述べた。メイ英首相は与党保守党が容認する最大限の譲歩をしており、EUがこれを拒否するなら交渉決裂のリスクがあるという。

  メイ首相は4日、欧州委員会のユンケル委員長とブリュッセルで昼食を共にする。交渉を年内に通商問題へと進めための妥協案をメイ首相が示すこれが最後の機会だとされている。

メイ首相

出所:ブルームバーグ

原題:U.K. Fears Brexit Breakdown as May Takes Her Best Offer to Lunch(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE