天皇陛下が2019年4月30日に退位へ、約200年ぶり-皇室会議

更新日時
  • 5日の閣議に決定を報告、新元号は「適切に検討」-菅官房長官
  • 「皇位継承に向け大きく前進、深い感慨」-安倍首相

天皇陛下

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

天皇陛下が2019年4月30日に退位されることになった。安倍晋三首相が1日、皇室会議での決定を記者団に説明した。天皇陛下の退位は約200年ぶりで明治以降では初めて。

天皇陛下(今年1月、国会開会式で)

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  天皇陛下は昨年8月、国民に向けたビデオメッセージで、体力の衰えなどを理由に全身全霊で象徴の勤めを果たせるか案じているとの気持ちを表明された。今年の通常国会で退位を実現する皇室典範特例法が成立、退位後の陛下の呼称は「上皇」、皇后さまは「上皇后」とすることなどが定められた。

  安倍首相は皇室会議の決定について「皇位の継承に向けて大きく前進したことに深い感慨を覚えている」と発言した上で、同会議の意見を踏まえ、速やかに特例法の施行日を定める政令を制定する考えを明らかにした。

  退位時期を4月末としたことについて菅義偉官房長官は、19年1月の在位満30年の「節目を迎えていただきたい」とした上で、同年に統一地方選挙が予定されていることも考慮したと述べた。また「4月前半は全国的に人の移動が激しく、各種行事も盛んに行われる」と国民生活への影響も配慮したことを明らかにした。

  皇室会議の決定は5日の閣議で菅氏が報告し、その後政令が決定される。菅氏は新元号については「国民生活への影響考慮しながら適切に検討する」と発表時期については言及しなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE