クオールズFRB副議長:中銀の仮想通貨受け入れ、まだずっと先

  • ビットコインの激しい価格変動、金融システムに危険になり得る
  • 他の中銀にも慎重なアプローチ促す-米財務省での会議で

米連邦準備制度理事会(FRB)のクオールズ副議長は11月30日、主要中央銀行が仮想通貨を決済手段として受け入れるのはまだだいぶ先だとの認識を示した。

  ビットコインの価格は今週、1万1000ドル突破後に急落するなど不安定な動きとなっており、銀行監督を担当する同副議長はビットコインのこうした激しい価格変動が特に金融システムに対して危険になり得ると指摘した。
 

クオールズFRB副議長

写真 :Andrew Harrer / Bloomberg

  クオールズ副議長は米財務省での会議で、「中銀資産や制度的支援の裏付けもないまま、民間のデジタル通貨が大規模な決済システムの中心でどうなるのかや、ストレスがかかった際にそうした決済システムが機能するかどうかはっきりしない」と述べた。

  同副議長はまた、仮想通貨に対し慎重なアプローチを取るよう他の中銀に呼び掛け、「デジタル通貨は時に大きく報じられるニッチ商品だが、分析的な観点からすると、そうした一部システムの中心にある『通貨』もしくは資産に裏付けはなく、本質的価値もなければ、規制対象となっている銀行機関が法的責任を負うものでもない。融資については、どの機関も全く責任を負わない」と指摘。米政府はデジタル通貨の注視を続け、安全である場合に限って有益なイノベーション(技術革新)を急がず採用すべきだとも語った。

原題:Guess Who Won’t Join Bitcoin Revolution? Fed’s Bank Watchdog (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE