コンテンツにスキップする

PE投資会社の経験浅い若手、基本給14%増の1400万円-ハイドリック

  • マネジングパートナー基本給は平均50万ドルに達し、最高100万ドル
  • 持続的な報酬の伸びはここ数年のPEの力強さを反映していると同社

プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社で最も若く、経験の浅い専門職の今年の基本給が14%増加し、平均12万5000ドル(約1400万円)に達したことが、エグゼクティブ・サーチ会社ハイドリック&ストラグルズの調査で明らかになった。

  ハイドリックによると、パートナーとマネジングディレクターは伸び悩んでいるものの、マネジングパートナーの基本給は平均約50万ドルで、最高100万ドルという幹部もいた。

  ハイドリックは28日の発表資料で、「このような持続的な報酬の伸びは、ここ数年のPEの力量を反映している」と説明した。

原題:Private Equity Plebes Score 14% Pay Bumps, Recruiter Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE