コンテンツにスキップする

コインベースは情報提供でIRSに協力を-仮想通貨取引で裁判所判断

  • IRSは最大1万4355の顧客口座に関する情報提供を要求
  • IRSの要求は行き過ぎた介入ではない-コーリー判事
Bitcoin, Blockchain Not Yet Investible, Canada Pension Says
Photographer: Luis Tato/Bloomberg
Bitcoin, Blockchain Not Yet Investible, Canada Pension Says
Photographer: Luis Tato/Bloomberg

リテール投資家向けデジタル通貨取引所の米コインベースは、一部の顧客が仮想通貨取引で得た利益を申告しなかったかどうかに関して、米内国歳入庁(IRS)の調査を拒むことができなくなった。

  サンフランシスコの米連邦地裁のジャクリーン・スコット・コーリー判事は、口座情報に関するIRSの要求は行き過ぎた介入ではないとの判断を示した。ビットコインの価格は急上昇しており、29日には1万ドルを突破した。
        
  同判事は「多くのコインベース利用者がビットコインの利益を申告していない可能性がある」と指摘。2013-15年の期間に1万4000人を超えるコインベースのユーザーが少なくとも2万ドル相当のビットコインを購入または売却、送信または受領していたにもかかわらず、ビットコイン取引で得た利益を申告したのはわずか800-900人で、「IRSにはこうした納税者を調べる正当な権利がある」と述べた。

  世界最大の仮想通貨取引所の1つであるコインベースは昨年来、情報公開を巡ってIRSと対立。IRSが要求の範囲を狭めた7月以後も、同社は情報提供を拒み続けた。コインベースと業界団体は、脱税を巡る政府の懸念には何の根拠もなく、無差別の情報要求はプライバシーに対する脅威だと主張している。

原題:Coinbase Loses Bid to Block U.S. Tax Probe of Bitcoin Gains (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE