ビットコインは「流動性のない金」とゴールドマン-類似点の多い商品

  • ボラティリティーは流動性の不足に主に起因するものだとカリー氏
  • 「これだけの敵意が向けられる理由が分からない」と同氏

Bitcoins

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

仮想通貨ビットコインは、金に多くの点で類似する商品であり、投資家の不安に拍車を掛けているボラティリティーは流動性の不足に主に起因するとゴールドマン・サックス・グループの商品調査グローバル責任者、ジェフ・カリー氏が指摘した。

  カリー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「これだけの敵意が向けられる理由が分からない」と述べ、証券のような法的責任が本質的に付随していないという意味で、ビットコインは「金と大した違いはない」と発言した。

  ビットコインの価格は29日に1万1000ドル(約123万円)を突破し、年初来で約12倍となった。これに対し、金相場は今年に入り約12%上昇している。ビットコインを巡っては、 著名投資家のウォーレン・バフェット氏らが「正真正銘のバブル」との見方を示す一方、ベンチャーキャピタリストのピーター・ティール氏は、批判する向きは過小評価していると主張。ノーベル経済学賞受賞者のジョゼフ・スティグリッツ氏は非合法化すべきだと訴えるなど、投資家の間で意見が割れている。

  カリー氏によれば、ビットコインを取引する人の多くは、金と代替可能とは考えておらず、両者の間には、重要な違いが存在する。同氏は「8兆3000億ドル相当の金が地上に存在し、それは現実の流動性を意味している。中央銀行が莫大(ばくだい)な量の金の供給をコントロールしており、ビットコインと金との間で完全な代替は成立しない」と説明した。

原題:Bitcoin Haters Don’t Get Its Gold-Like Qualities, Goldman Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE