コンテンツにスキップする

米ティファニー:8-10月決算は中国が良好、アジア太平洋販売けん引

高級宝飾品小売り、米ティファニーの8-10月(第3四半期)決算は中国の販売が良好だった。

  アジア太平洋地域の既存店売上高は前年同期比2%増と、アナリスト予想の1.4%増を上回った。特に中国が売り上げを主導した。新型のデザインやマーケティングを強化したものの、欧州や北米の売り上げへの目立った貢献はなかった。

  全社の1株当たり利益は80セントと、アナリスト予想の上限だった76セントを上回った。純売上高は9億7620万ドルと、予想の9億5700万ドルを上回った。世界的な既存店売上高は実質ベースで前年同期比変わらず。コンセンサス・メトリックスによると、アナリスト予想は0.1%減だった。

原題:Tiffany Gets Boost From China as New CEO Pursues Turnaround(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE