ユーロ圏:11月景況感指数、2000年来の高水準-業況判断も危機後最高

  • 景況感指数は114.6に上昇、予想に一致
  • 業況判断指数は2007年6月以来の高水準

ユーロ圏では11月の景況感指数が2000年以来の高水準に達し、雇用に関する数字も強さを示した。業況判断指数も07年6月以降で最高となった。生産と輸出受注の見通しが改善した。

  欧州連合(EU)の欧州委員会が29日発表した11月のユーロ圏景況感指数は114.6に上昇。エコノミスト予想中央値に一致した。

原題:Europe’s Feelgood Factor Lifts Company Sentiment to Decade High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE