コンテンツにスキップする

アリババがドル建て債の起債開始、アジアで今年最大規模も-関係者

  • 5.5年、10年、20年、30年、40年の5種類の社債発行を計画と関係者
  • 計画上限の70億ドルの発行なら中国恒大を抜き域内で今年最大規模に

中国のアリババ・グループ・ホールディングは、アジア企業によるドル建て債発行として今年最大規模となる可能性のある社債発行計画を開始した。

  公に話す権限がないとして複数の関係者が匿名で語ったところによると、アリババは年限5.5年、10年、20年、30年、40年の5種類の社債を発行する。

  事情に詳しい関係者によれば、同社は50億-70億ドル(約5580億-7810億円)規模のドル建て債発行を計画。ブルームバーグの集計データで見ると、発行規模がレンジの上限となれば、アジアでは今年これまでの銀行以外の発行体による起債として、6月の中国恒大集団(チャイナ・エバーグランデ・グループ)の66億ドルを上回って最大となる。

  またブルームバーグのデータによると、アリババが今回計画している40年債は中国企業が発行するドル建て社債として償還年限が最長となる可能性がある。

原題:Alibaba Is Said to Begin Five-Part Jumbo Dollar Bond Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE