コンテンツにスキップする

元ノムラのリスクマネジャーに禁錮3月-インサイダーで535万円利益

  • クリシュナモーティー被告は企業買収を巡る証券詐欺の罪を認めた
  • PEファンドによる買収計画を知った後、ニュースター株を取引

野村ホールディングスの米州部門ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルの元リスクマネジャーで、プライベートエクイティ(PE、未公開株)ファンドのテクノロジー企業買収に関係するインサイダー取引で証券詐欺の罪を認めたアバネシュ・クリシュナモーティー被告に対し、禁錮3月の量刑が言い渡された。

  裁判所の記録によれば、マンハッタンのニューヨーク南部地区連邦地裁のジェス・ファーマン判事は、インド国籍のクリシュナモーティー被告に対し、21日に量刑の言い渡しを行った。刑期終了後は移民当局の指示に従うことも命じた。同判事は、クリシュナモーティー被告について、8月に罪を認めた際、刑期終了後にインドに送還される危険を冒したと述べていた。この件に関連し証券取引委員会(SEC)が起こした民事訴訟で名前が挙がった妻は、息子と共に来月インドに出国する。

  クリシュナモーティー被告は、ゴールデン・ゲート・キャピタルによるニュースター買収計画について知り得た内部情報を利用し、同社株の取引で約4万8000ドル(約535万円)の利益を得たとして昨年訴追された。

  ノムラの広報担当ジェニファー・ウィル氏(ニューヨーク在勤)は、コメントを控えている。

原題:Ex-Nomura Manager Gets 3 Months in Jail for Insider Trading (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE