コンテンツにスキップする

中国債急落は世界債券市場への「早期警戒シグナル」-ジェフリーズ

  • 世界の債券利回りは中国債利回りと同様に今後上昇と予想
  • ジェフリーズ香港のストラテジスト、ショーン・ダービー氏が指摘
Chinese Stocks Fall 5.3 Percent
Photographer: VCG/Getty Images
Chinese Stocks Fall 5.3 Percent
Photographer: VCG/Getty Images

中国債券相場の大幅下落は世界の債券トレーダーにとって、リフレが進行する中で今後見込まれることの前兆だ。ジェフリーズ・グループ香港部門のチーフグローバルストラテジスト、ショーン・ダービー氏が指摘した。

  中国債券相場の下げはシャドーバンキング(影の銀行)に対する取り締まりや企業の借り入れ抑制の取り組みで増幅されている。しかし、ダービー氏は各国・地域の中央銀行による金融政策引き締めや中国のインフレ輸出を市場が織り込み始める中で、世界の債券利回りは今後、中国の債券利回りと同様に上昇すると予想した。

  ダービー氏は香港でのブルームバーグとのインタビューで、中国は「2016年から真にリフレが起きている最初の国だ」と指摘した。

  中国の国債と本土の最上級格付け債の利回りは先週、3年ぶりの高水準に達した。中国の食品・エネルギー価格を除くコアインフレ率の指標は6年ぶり高水準の2.3%に上昇した。

  ダービー氏はこうした債券利回りの正常化は世界的に起きる見通しだとし、「中国は世界の他市場にとっての早期警戒シグナルだ」と述べた。

原題:China Bond Rout Is ‘Early Warning Signal’ to Global Debt Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE