コンテンツにスキップする

メキシコ次期中銀総裁にディアス・デレオン副総裁-12月1日就任

  • ディアス・デレオン氏は1月から中銀副総裁-総裁任期21年12月まで
  • カルステンス総裁は国際決済銀行の総支配人に

メキシコのペニャニエト大統領は、国際決済銀行(BIS)の総支配人に就任するカルステンス中央銀行総裁の後任にアレハンドロ・ディアス・デレオン副総裁を起用した。

  大統領の声明によると、ディアス・デレオン氏(47)は12月1日に中銀総裁に就く。任期は2021年12月まで。

Bank Of Mexico Governor Agustin Carstens Holds Press Conference As Inflation Report Released

ディアス・デレオン氏

写真家:Susana Gonzalez / Bloomberg

  ディアス・デレオン氏は米エール大学で行政学修士号を取得。07年に政府機関へ転出するまで、16年にわたりメキシコ中銀に勤務。15年にメキシコ輸出入銀行のトップに就任し、今年1月からは中銀副総裁を務めていた。一部のエコノミストは同氏をハト派とみている。

Banxico Tightens, Peso Gains

原題:Mexico Taps Diaz De Leon to Replace Carstens at Central Bank (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE