コンテンツにスキップする

ステート・ストリート元行員、仮想通貨取引プラットフォーム新設へ

米銀ステート・ストリートの元行員2人が、機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームを立ち上げる計画だ。

  ジョン・バーネット、フー・リアン両氏が設立を明らかにしたオムニエックス・ホールディングは、取引所、店頭取引所、ファンドの会計担当者との協働により、デジタル通貨の普及で高まっているトレーディングサービス需要を満たす考え。

  オムニオエックスはサンフランシスコを本拠とし、従業員は10人未満。両氏によると、創業資金として500万ドル(約5億6000万円)を調達した。ウィックロー・キャピタル、シエラ・ベンチャーズ、DCG、クロックタワー・ベンチャーズ、サードストリーム・パートナーズなどから資金を集めた。

  両氏はかつてステート・ストリートでブロックチェーンや人工知能(AI)、さまざまなコンピューティング技術など新技術の可能性を探る作業に携わっていた。

ビットコイン:どうなる今後の1年

原題:State Street Veterans Launch Cryptocurrency Trading Platform (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE