コンテンツにスキップする

大和証G:日本株アルゴに出来高予測AI導入へ、MiFID2視野

更新日時
  • 5分後の出来高を予測、執行成績の安定性向上狙う
  • 日本、アジア、欧州、米州の機関投資家が対象-来年9月開始へ
General Images Of Nomura And Daiwa Branches Ahead Of The Companies' Earnings
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
General Images Of Nomura And Daiwa Branches Ahead Of The Companies' Earnings
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

大和証券グループ本社は日本株の取引業務で、アルゴリズムに人工知能(AI)を導入、執行成績を安定させるサービスを国内外の機関投資家を対象に開始する。欧州連合(EU)の第2次金融商品市場指令(MiFID2)を視野に、付加価値による優位性を狙う。

  大和証券は、日本株の5分後の出来高を予測するAI機能を組み込んだ取引システムを、来年9月をめどに日本、アジア、欧州、米州で提供を開始する計画だ。グローバル・エクイティ・トレーディング部のエグゼクティブディレクター、デビット・ディグロー氏がブルームバーグの取材で明らかにした。

  日経平均株価が今月、1992年以来の最高値を付ける中、日本株を大口で取引したいというグローバル投資家の需要は増えている。1月から施行されるEUのMiFID2で世界の金融機関は、トレーディング業務での質の向上と付加価値による他社との差別化を図ろうとしている。

  アルゴリズムトレーディングを統括するディグロー氏は、「価格ではなく、出来高に注目している点で独自性がある」とし、「機関投資家は大口で注文するので、値段が良くても出来高が伴わなければ買うことはできない」と述べ、結果として価格が乱高下するのを抑えることもできると語った。

  大和はTOPIX500の日本企業を対象にする。各銘柄ごとに過去6カ月分の出来高データを入力、出来高の少ない中小型株でも規則性を見つけるなど予測につなげる。投資家はこうした予測技術により安定した執行成績が期待できるようになるという。

NY、シカゴ、ボストン

  大和のディグロー氏は、ニューヨーク、シカゴ、ボストン、サンフランシスコ、シンガポール、香港の投資家を訪れ、出来高予測に顧客ニーズがあることを確認した。新技術の導入により、投資家の満足度が向上すれば、大和のブローカー評価が上がり、注文増加につながると期待している。

  「日本株は出来高が増えている局面にあり、出来高が増えるとボラティリティーが上がるため、より一層予測が大事になってきている」とディグロー氏。これまで投資家は出来高予測を取り入れてこなかったと指摘しながらも「遅過ぎることはない」と述べた。

  ディグロー氏の大和への入社は09年。それまではシティグループやモルガン・スタンレーでデリバティブトレーダーを務めていた。同氏はカリフォルニア大学バークレー校で物理化学の博士号を取得している。

日本での各社動向

  このほか、MiFID2の施行に先駆け、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、シティグループ、BNPパリバといったグローバル金融機関がリサーチ業務などの質の向上に取り組んでいる。

  みずほフィナンシャルグループも9月、日本株トレーディングで、銀行、生保、ヘッジファンドなど日本を含むアジアの一部の機関投資家に、個別企業の株価が30分、1時間後にどう動くかを予測するAI機能を組み込んだ取引システムの提供を開始した。 
 
  野村ホールディングスの永井浩二最高経営責任者(CEO)は29日、都内で開催した投資家向けのフォーラムで、「MiFID2によりホールセールは中長期的に手数料低下圧力にさらされていく」との見方を示した上で、近く「ホールセール・デジタル・オフィス」を設立し、トレーディングの自動化やAI、クオンツ分析、フィンテックの活用などを推進していく計画だと述べた。
  
  大和証Gの株価は29日、前日比3.7円(0.5%)高の688.2円で取引を終えた。

英語記事:Daiwa to Start AI Trading for Execution as MiFID II Looms (1)

(第11段落以降に野村の取り組みや株価動向など追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE