アイルランドは総選挙回避、副首相が辞任-英EU離脱交渉に注力へ

更新日時

アイルランドではスキャンダルの渦中にあったフィッツジェラルド副首相が辞任に合意し、少数与党政権崩壊の危機に終止符を打った。懸念されていた総選挙の実施は回避された。

  副首相は警察の内部告発者への対応を巡って批判を浴び、総選挙を回避するため辞任するよう圧力が高まっていた。総選挙が実施される場合、英国のEU離脱条件を巡る重要なEU首脳会議に選挙期間が重なり、離脱交渉が脱線する恐れがあった。

  英国の離脱交渉では、同国北アイルランドとアイルランドの国境が現段階の主要な争点の1つに挙げられている。アイルランドのバラッカー首相は副首相の辞任後、この離脱交渉に集中する必要があると語った。

原題:Irish Focus Turns Back to Brexit as Political Impasse Broken (1),Varadkar: Focus on Brexit Talks, Phase 1/2, in Coming Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE