コンテンツにスキップする

北朝鮮が弾道ミサイル、「ICBM級」の可能性-日本政府

更新日時
  • 飛行距離約1000キロ、日本のEEZに落下-日米は圧力強化で一致
  • 「断じて容認できない」と安倍首相-日米韓が安保理緊急会合を要請

北朝鮮が29日未明、弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと日本政府が発表した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の可能性があり、国家安全保障会議(NSC)の会合を開くなどして詳しい分析を進めている。日米韓の3カ国は国連安全保障理事会に緊急会合開催を要請した。発射の報を受けたこれまでの市場の動きは限定的。

1511907491_nkorea graphic missile

  菅義偉官房長官は同日の記者会見で、午前3時18分ごろ、北朝鮮西岸より弾道ミサイル1発が発射され、同4時11分ごろ、青森県の西方約250キロの日本海にある日本のEEZ内に落下したことを明らかにした。飛行距離は約1000キロに達し、最高高度は4000キロを超えているという。現時点で付近を航行する航空機や船舶への被害などの情報は確認されていない。

  安倍晋三首相は官邸で記者団に対し、「断じて容認できない」と非難。トランプ米大統領は「われわれが対処する事態だ」とホワイトハウスで記者団に語った。両首脳は電話会談を行い、北朝鮮に対し、一層の圧力を強化していくことで一致した。菅官房長官は記者会見で、会談では軍事オプションの話は出なかったと語った。日本政府は北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮に抗議した。

  小野寺五典防衛相はミサイルが高い角度で打ち上げ飛距離を抑える「ロフテッド軌道」で発射されたと述べた上で、「過去最大級の高さまで打ち上げてきた。ICBM級であることは間違いない」との認識を示した。小野寺防衛相の記者団への発言内容をNHKが報じた。

Kim Jong Un

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

Source: Korean Central News Agency/Korea News Service via AP

  為替市場では発射の報を受けた後もドルが1ドル=111円台で推移、午前8時18分現在、111円52銭付近で取引されている。米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)未満上昇し2.33%。

テロ支援国家

  北朝鮮は7月4、28両日に日本のEEZ内に落下したミサイルについて、いずれもICBMの発射に成功したと発表。8月29日、9月15日に発射した中距離ミサイルは北海道上空を通過し、太平洋に落下した。9月3日には6回目の核実験を実施した。このうち、15日のミサイルの飛行距離は約3700キロで、北朝鮮から米領グアムまでの約3400キロを超えた。

Where North Korea's Missiles Could Hit (Japanese translation)

北ミサイルの射程

Bloomberg

  トランプ米大統領は今月上旬の日本訪問中に行った安倍首相との一連の会談を通じ、北朝鮮への圧力を最大限まで高めることで一致。アジア歴訪から帰国後の20日にはテロ支援国家に再指定すると発表した。ただ、12日のツイートでは、金正恩朝鮮労働党委員長について「私は彼の友人になろうと大いに努力する。ひょっとしたらいつの日かそうなるかもしれない」とも述べていた。

金正恩は「核を操る狂人」か「抜け目のない独裁者」か-人物像を探る

  国連安全保障理事会は9月11日、石油精製品の輸入を年間200万バレルに制限することなどを柱とする北朝鮮制裁強化決議を採択している。

(日米電話首脳会談、菅官房長官の会見などを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE