コンテンツにスキップする

UBS、「ブローカー協定」脱退へ-モルガン・スタンレーに追随

スイスのUBSグループはファイナンシャルアドバイザーが他社に移籍しても訴えないことを約束したいわゆる「ブローカー採用に関する協定」から脱退する。10月に脱退を決めた米モルガン・スタンレーに追随する。
  
  ブルームバーグ・ニュースが27日入手した米州ウェルスマネジメント部門責任者トム・ナラティル氏からの社内文書によると、UBSは12月1日付で同協定から脱退する。同氏は「事業の成長のため新規採用より既存のアドバイザーのつなぎ留めに注力する」としている。

  同協定はアドバイザーの移籍時の訴訟を減らす目的で2004年に成立し、約1700社が加わっていたが、モルガン・スタンレーの離脱で他社も追随すると懸念されていた。

原題:UBS Will Exit Broker Pact Weeks After Morgan Stanley Defection(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE