ビットコイン、1万ドルうかがう-投機の津波や機関投資家参入で

更新日時
  • 1週間前に8000ドル台に乗せたばかり、上昇ペース加速
  • 資産バブル警告にもかかわらず主流投資家の関心高まる
Photographer: Christophe Morin/Bloomberg

仮想通貨ビットコインは27日、一時9700ドル強に達した。1週間前に8000ドル台に乗せた後も上昇鈍化の兆候は見られず、26日に初めて9000ドルを突破し、急ペースで1万ドルに迫っている。

  ビットコインを資産と認めない見方やバブルを警告する声があるものの、主流投資家のビットコインへの関心は強まっている。ウォール街の幹部からベンチャーキャピタリストまで誰もがビットコインを巡る議論に加わっているが、一部は比較的懐疑的な立場を取っている。時価総額で最大の仮想通貨であるビットコインのこの2週間の上昇率は40%を超える。

  仮想通貨取引所、ゲートコインのマーケティング責任者、トマス・グラックスマン氏は「週末のビットコイン急騰は長期的な仮想通貨値上がりが継続したもので、日本の取引所での投機的取引の津波と世界中の機関投資家の参入がこれをあおった」と話した。

  取引プラットフォーム運営を手掛けるIGグループのアナリストらは27日のリポートで、「取引の機会を逃すのではないかとの恐れが一段と強まったため、ビットコインは再び購買熱をかき立てている」と分析。「ただ、ビットコイン先物の導入により、下振れリスクを予想する人もいる」と指摘した。

  ビットコインの急騰は個人投資家を呼び込んだ。ビスポーク・インベストメント・グループによれば、ビットコインと、ライバルの仮想通貨イーサリアムの取引プラットフォーム最大手の一つ、コインベースの口座数はこの1年で3倍の1300万に増加した。

  ビットコインは27日、一時過去最高の9735.51ドルを付けた。

  またCMEグループはビットコインの先物上場を計画していると表明。12月中に取引が開始する可能性があり、これもビットコインが主流投資商品に近づいていることを示す動きとなった。JPモルガン・チェースはこれを受け、先物を通じて顧客がビットコインに投資するのを支援するかどうかを検討している。事情に詳しい関係者が先週明らかにした。

  コインマーケットキャップ・ドットコムのウェブサイトによれば、仮想通貨の合計時価総額は3000億ドル(約33兆4000億円)を上回っている。

原題:Bitcoin Guns for $10,000 as Cryptocurrency Mania Intensifies(抜粋)
Bitcoin Guns for $10,000 as Cryptocurrency Mania Intensifies (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE