コンテンツにスキップする

米メーシーズCEO:年末商戦は好スタート-コート類の販売好調

  • 米東部地方を襲った寒冷な気候が衣料品ショッピングの追い風に
  • 百貨店業界は売り上げ低迷からの脱却に取り組んでいる

米百貨店メーシーズのジェフ・ジェネット最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、コート類の売り上げ拡大に支えられて年末商戦は力強いスタートを切っているとの見方を示した。

  同CEOによると、メーシーズでは24日午前7時までに20万着のコートが売れたといい、週末期間中のコートやセーター、フリースの販売が百万着に達すると予想している。

  こうした見通しはメーシーズなどの小売店が今年の天候から恩恵を受けていることを示唆している。米東部地方の大半は今週、寒冷な気候に見舞われており、衣料品のショッピングに追い風となっている。

  同社をはじめとする百貨店は今年の年末商戦を業績回復への転換点にしたいと考えている。百貨店業界は既存店売上高の伸び悩みや客足の低迷、ネット通販のアマゾン・ドット・コムの台頭に苦しんできた。

  課題に直面しつつも、ジェネットCEOは実店舗型の小売業の利点を見いだしている。「今の顧客は店に足を運ぼうとしている。そこにある光景や匂い、音を求めている」と話した。24日のメーシーズの株価終値は2.1%高の21.07ドル。ただ、年初来ではまだ40%強の値下がりとなっている。

原題:Macy’s CEO Sees Strong Start to Holidays, Helped by Coat Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE