コンテンツにスキップする

米大統領、消費者金融保護局の局長代行にマルバニー氏を指名

  • 退任したコードレイ氏は自らの側近を後任に指名
  • 消費者金融保護局を率いる人物が2人指名される事態に

トランプ米大統領は消費者金融保護局(CFPB)の局長代行に行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長を充てる方針を発表した。一方この数時間前、CFPB局長を24日に退任したリチャード・コードレイ氏は側近のレアンドラ・イングリッシュ氏がCFPB副局長に就くと発言した。イングリッシュ氏はコードレイ氏の退任に伴い自動的に局長代行に昇格する。ホワイトハウスがCFPBの権限を弱めるのを阻止する動きと広く受け止められている。

  CFPBを率いる人物が2人指名される事態になったわけだが、最終的にどちらがトップに就任するのかは不透明。共和党はCFPBが銀行に不要な規則を押し付けていると批判し、改革に意欲的だ。これに対しコードレイ氏や民主党は可能な限り行政の影響を排除したい考え。

  コードレイ氏が後任人事の決定にどれほどの権限があるのかという法的論争が起きており、ホワイトハウスは24日、トランプ大統領がCFPBの暫定的なリーダーを選ぶ権限を持っていることを示唆した。

  コードレイ氏は今月15日にCFPB局長を辞任すると発表。オバマ前大統領に指名されたコードレイ氏は、オハイオ州知事選に民主党から出馬するとの観測が出ていた。

原題:Trump Sets Up Clash Over CFPB Leadership by Naming Mulvaney (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE