コンテンツにスキップする

中国HNA、ドイツ銀マレーシア子会社の株式保有で承認取得-関係者

  • HNAはドイツ銀への出資通じマレーシア子会社株を間接保有
  • ドイツ、英国、アイルランドの各当局もすでに承認

中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)は、ドイツ銀行マレーシア子会社株式の間接保有についてマレーシア中央銀行から承認を得た。説明を受けた2人の関係者が明らかにした。

  情報が非公開であることから匿名で語った関係者によると、ドイツ銀行の完全子会社であるドイツ銀行マレーシアの株式10%弱をHNAが保有することに対し、マレーシア中銀は異議を唱えなかった。HNAはドイツ銀行への出資を通じ、マレーシア部門の株式を間接的に取得した。

  マレーシア中銀は個別の金融機関についてコメントしないと回答。ドイツ銀行とHNAの広報担当者はコメントを控えた。

  HNAは5月、ドイツ銀株の保有比率が10%弱に達し、筆頭株主に躍り出た。ドイツ、英国、アイルランドの当局もそれぞれの国でのドイツ銀子会社に対するHNAの間接的な株式保有を承認済み。ただ、欧州中央銀行(ECB)の銀行監督当局やスイス競争当局が本格的な審査に入る可能性はまだ残る。

原題:HNA Is Said to Get Nod From Malaysia for Deutsche Bank Stake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE