コンテンツにスキップする

シンガポール、2017年成長率見通しを3-3.5%に上方修正

シンガポールは今年の経済成長率見通しを3-3.5%に引き上げた。輸出や製造業の伸びを背景に7-9月(第3四半期)の成長率は市場予想を上回った。

  同国貿易産業省が23日発表した国内総生産(GDP)改定値は季節調整後ベースで前期比年率8.8%増。ブルームバーグがエコノミスト9人を対象にまとめた予想中央値では7.8%増が見込まれていた。前年同期比では5.2%増と、約3年ぶりの大幅な伸びとなり、エコノミスト予想の5%増を上回った。来年の経済成長率見通しは1.5-3.5%。

  今年に入り世界貿易が回復していることは、輸出に依存するシンガポールなどの経済の追い風となっており、製造業は電子製品需要に支えられている。成長はサービスなど他の業種にも広がり始めている。リー・シェンロン首相は今週、2017年の成長率が3%を超える可能性があると述べた。

Growth Outperformer

原題:Singapore Upgrades 2017 Growth Forecast to as Much as 3.5% (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE