コンテンツにスキップする

忠誠心試される日本の個人投資家-トルコ・リラが対ドルで最安値

  • 機関投資家は反応-トルコ債をアンダーウエートとする動きも
  • リラは22日、一時0.7%安の1ドル=3.9826リラ

トルコの資産に賭けている日本の個人投資家の忠誠心が試されることになりそうだ。トルコではリラが急落し、欧米との緊張も高まっている。

  東京金融取引所のデータによれば、日本の個人投資家による14日までの1週間の円に対するトルコ・リラの買い持ちは過去最大に近かった。リラはその後、対ドルで最安値を記録。米国や欧州との関係悪化に加え、エルドアン大統領がインフレ高進にもかかわらず利上げをしないよう中央銀行に圧力をかけていることが背景だ。

  機関投資家は反応している。大和住銀投信投資顧問はリラ資産の保有を減らしトルコ債をアンダーウエートにしたと横内武志シニアファンドマネジャーは言う。

  同氏によれば、リラ押し目買いの機会は来るだろうが、今はまだその時ではない。対米関係の顕著な改善が見られるまで、また中銀が政府の圧力に屈しない姿勢を明らかにするまでは、トルコ資産への圧力が続くだろうと横内氏は指摘する。

  リラは22日、一時0.7%安の1ドル=3.9826リラと過去最低を付けた。

Turkey Bulls

  

原題:Turkey Woes Set to Test Loyalty of Japan’s Mom-and-Pop Investors(抜粋)
Turkish Lira Weakens to Record Against U.S. Dollar

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE