コンテンツにスキップする

トランプ大統領、セクハラ疑惑でもムーア上院補欠選候補を事実上支持

  • 「1つだけ確かなことはリベラルな人物は不要だということだ」
  • 「ムーア氏は全面否定している。彼の話にも耳を傾ける必要」

トランプ米大統領はアラバマ州での連邦上院補欠選挙の共和党候補ロイ・ムーア氏について、複数の女性が10代の時に不適切な性的行為を受けたと主張しているものの、同候補を事実上支持した。

  トランプ大統領は21日、感謝祭の休暇でフロリダ州に向かうため大統領専用ヘリに乗り込む準備中に記者団に対し、「1つだけ確かなのは、リベラルな人物、民主党議員は不要だということだ」とコメント。ムーア氏を告訴した人々の主張を信じるかとの質問にトランプ氏は、ムーア氏が「全面否定している。彼の話にも耳を傾ける必要がある」と述べた。

  同大統領はまた、民主党候補で元連邦検事のダグ・ジョーンズ氏を批判し、「ジョーンズ氏のような犯罪に手ぬるい人物は不要だ」と指摘。12月12日の上院補欠選の前にムーア候補の応援でアラバマ州を訪問するかとの質問には「来週知らせる」と答えた。

原題:Trump Backs Moore for Senate Seat Despite Sex Allegations (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE