コンテンツにスキップする

米ウーバーが集団訴訟に直面、個人情報流出で住民が提訴-米連邦地裁

  • ウーバーの過失によりプライバシーが侵害されたと主張
  • ドライバーと顧客を代表する集団訴訟の扱いを求める
The Hamptons Lure Uber Top Drivers Amid NYC Slow Summer Weekends
Bloomberg
The Hamptons Lure Uber Top Drivers Amid NYC Slow Summer Weekends
Bloomberg

米配車サービスを手掛けるウーバー・テクノロジーズの過失により個人情報が流出し、プライバシーが侵害されたとしてカリフォルニア州ロサンゼルスの住民が同社を相手取り同州連邦地裁に訴訟を提起した。これに先立ちウーバーは、昨年10月のハッカー攻撃で同社ドライバーと顧客合わせて5700万人の個人情報が流出したと開示していた。

  昨年10月時点でウーバーのドライバーだった原告は米国内の同社ドライバーと顧客を代表する集団訴訟の扱いを求めている。

  ウーバーに対しこの訴訟に関するコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Uber Sued for Negligence After Disclosing Massive Data Breach(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE