スカイプが中国のアプリストアから姿消す-アップルや小米で

  • 中国公安省はVoIPアプリが法に従っていないと通知-アップル
  • できるだけ早期のアプリ復旧に努めているとマイクロソフト
Photo by Dmitry FeoktistovTASS via Getty Images
Photo by Dmitry FeoktistovTASS via Getty Images

マイクロソフト傘下のインターネット電話サービス、スカイプが中国国内でアップルを含むスマートフォン用アプリストアから削除された。

  スカイプのアプリはアップルや、携帯端末向け基本ソフト(OS)で「アンドロイド」を使う中国の小米が運営する中国語のアプリストアで入手できなくなっている。サービス自体はまだ本土内で稼働しているもようだ。

  アップルの広報担当者は、中国公安省が同社に多くのVoIP(IP電話)アプリが国内法に従っていないと通知してきたと説明。こうしたアプリは中国のストアから削除されたと述べた。

  共産党が国内の通信を巡る管理を強化する中、中国はメッセージサービスに対する規制を強めている。中国ではフェイスブック傘下ワッツアップの暗号化されたサービスが定期的に遮断される一方、フェイスブックのウェブサイトは同国でアクセスできない。ツイッターやグーグルも禁止されている。

  マイクロソフトは発表資料で、「スカイプのiOSバージョンは中国のアップストアから一時的に削除されている。当社はできるだけ早期の同アプリの復旧に努めている」と説明した。米紙ニューヨーク・タイムズが先に報じていた。

  一方、アップルは米民主党のパトリック・レーヒー、共和党のテッド・クルーズ両上院議員に宛てた21日付書簡で、中国政府の要請で同社が今年に入りアップストアから674に上る仮想プライベートネットワーク(VPN)アプリを削除したことを明らかにした。これを受けてリーヒー議員はアップルに対し、中国の「表現の自由への抑圧」に抵抗するよう求めた

原題:Microsoft’s Skype Disappears From Apple, App Stores in China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE