コンテンツにスキップする

資金が「津波」のように押し寄せ金価格4倍に上昇か-マキューエン氏

U.S. Mint Gold, Silver Coins Sales May Rise to Record This Year
Photographer: Scott Eells
U.S. Mint Gold, Silver Coins Sales May Rise to Record This Year
Photographer: Scott Eells

金価格は底入れしたとの見方を、金業界の強気派の1人、マキューエン・マイニングのロブ・ マキューエン最高経営責任者(CEO)が示した。

  マキューエン氏は現在1オンス当たり約1280ドルの金価格について、5年以内に5000ドルを上回る可能性があると予想。低金利政策が続き、金が地政学的および金融リスクからの資金の逃避先として利用される中、投資家が金投資によるリターンを追求するためと説明する。

  同氏はサンフランシスコでの業界会議でのインタビューで、そうなれば「行き場を求める資金が津波のように押し寄せるだろう」と述べた。

  長期にわたり金利が低水準にとどまっているため、投資家はより高いリターンを求め、株式や不動産のほか美術品市場でさえバブルが膨らんでいるとマキューエン氏は指摘。一般的には金利が上昇すれば利息の付く資産の魅力が高まると考えられているが、各市場が再度修正局面に入れば金の魅力は一層高まるはずだとの見方を示した。

金価格は下落

  同氏は昨年9月、金価格が年末までに1700-1900ドルのレンジで取引される可能性があると予測していたが、ドル相場の上昇で年末時点の金価格は1150ドルを下回った。

原題:Money ‘Tsunami’ May Spur Quadrupling of Gold Prices, McEwen Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE