コンテンツにスキップする

ティーボの特許をコムキャストが侵害と認定-米国際貿易委員会

  • ティーボの株価が時間外取引で一時12%高
  • コムキャストはITCの判断を検証中だとコメント

ティーボは、重要な特許を巡る対立でコムキャストに勝利した。

  米国際貿易委員会(ITC)は、コムキャストが使用するテレビのセットトップボックス「X1」について輸入差し止めの判断を下した。 同社のセットトップボックスはティーボの特許2件を侵害しているとの認定をITCがウェブサイトで公表した。このニュースを受け、ティーボの株価は時間外取引で一時12%上昇した。

  両社の対立は、ティーボと昨年合併したロヴィとコムキャストがテレビのセットトップボックス技術に関する特許ライセンス契約更新で合意できなかったことで始まった。コムキャストはITCの判断を検証中だとコメントした。

原題:TiVo Wins Patent Case Against Comcast at U.S. Trade Agency (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE