コンテンツにスキップする

わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

ブルームバーグ・ニュースの2人のレストラン担当ライターが足を運び、世界各地から選りすぐった店のリストを以下に紹介しよう。

マエモ(オスロ)
 地元産の食材をふんだんに使った新北欧料理の店。オスロ中央駅に近く窓から線路も見えるノルウェー唯一のミシュラン3つ星レストラン。テーブルは8卓しかない。軽く凍らせたチーズでスモークしたイクラを挟んだ一品など、メニューは独創的だ。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

マエモからの夜景

Photographer: Bandar Abdul-Jauwad

シュタイラーエック(ウィーン)
  ココナツウオーターでポーチしたザリガニのセルリアック・サラダ添えなどがいただける。申し分なくリラックスした雰囲気で、数時間かけて食事する人も珍しくない。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

オーストリアの「ノーマ」と称されるシュタイラーエック

Source: Steirereck

エルカノ (ゲタリア、スペイン)
  ゲタリアはビルバオとサンセバスティアンの間に位置するバスク地方の漁村で、レストランはどこも質が高いようだ。中でもこのエルカノは魚料理、具体的にはヒラメの一種のタルボットのグリル焼きで有名だ。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

名物料理のタルボット

Source: Elkano

ミラジュール(マントン、フランス)
  地中海を見下ろす山のふもと、南仏のイタリア国境近くにあり、景観も素晴らしい。ニースから電車で簡単に行ける。アルゼンチン生まれのシェフが地元産の食材を用い、海・山・菜園にインスピレーションを得た季節の料理を出す。65ユーロ(約8600円)のランチメニューもある。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

美しいミラジュールからの景観

Source: Mirazur

シングルスレッド・ファーム(米カリフォルニア州ヒールスバーグ)
  真の「ファーム・トゥ・テーブル(農場から食卓へ)」体験ができる、ワイン産地の町のレストラン。地元の食材を使い、東京のレストランで勤務した経験があるシェフが日本食の影響を強く感じさせる料理を出す。宿泊も可能で、深い湯船での入浴や和テイストの朝食メニューなどが楽しめる。

1504821282_wine-destinations-single-thread

シングルスレッド・ファーム

Photographer: Garrett Rowland

ブルー・ヒル・アット・ストーン・バーンズ(米ニューヨーク州ハドソンバレー)
  旧ロックフェラー邸敷地内にある石造りの建物に入ったレストラン。マンハッタンから車で45分と行きやすい上に、予約を入れるのも決して不可能ではない。隣接する広い農園で採れた新鮮な卵、肉、野菜が料理に登場する。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

ブルー・ヒル・アット・ストーン・バーンズの建物

Photographer: Ira Lippke

ザ・ロスト・キッチン(米メーン州フリーダム)
  週4日、年間では8カ月のみ営業する、素晴らしいニューイングランドの景観美に囲まれたレストランだ。ニューイングランド・クラムチャウダーやメーン州沖で捕れたマグロなど、地元の食材を使ったシンプルな料理が好評。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

ザ・ロスト・キッチンは景色も抜群

Source: The Lost Kitchen

レイモンズ・レストラン(セント・ジョンズ、カナダ・ニューファンドランド島)
  カナダ東部に生息する野生動物や魚介類を、自ら狩りも釣りもするというシェフが料理してくれる。ヘラジカのサラミ(自家製)やヤマウズラのベリーソース添えなど、一風変わった味覚が楽しめそうだ。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

ニューファンドランド島のレイモンズ・レストラン

Source: Raymond’s Restaurant

鮨 さいとう(東京、六本木)
  斎藤孝司氏が店主を務める、ミシュラン3つ星の店。ネタもシャリもとにかくクオリティーが高い。これまでに31のミシュランスターを獲得したフレンチのシェフ、ジョエル・ロブション氏に、世界最高の寿司レストランと絶賛されたのも納得。

チャ・カ・ラ・ボン(ハノイ)
  ここの看板は、ハーブ、唐辛子とスパイスの風味が効いたナマズの鍋料理。もともと「Cha ca la Vong」が料理名で、あまりにも人気が高いことからレストランもレストラン前の通りもそう命名されたという。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

チャ・カ・ラ・ボンのスパイスが効いた鍋

Source: TripAdvisor

ヘルガズ・フォリー (スリランカ)
  深いジャングルの中に建てられたエキセントリックなホテルの中にある。スリランカ中部の町キャンディーからはタクシーで行ける距離だが、エキゾチックな匂いや虫の鳴き声に満ちた熱帯気候の中で、ひと味もふた味も違う体験ができるだろう。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

ヘルガズ・フォリーはまさにエキセントリック

Source: TripAdvisor

グストゥ(ボリビア)
  料理の質の高さもさることながら、恵まれない若者たちを隣接する学校で教育し、国内の農家を支援するというミッションを掲げている点で興味深いレストラン。

relates to わざわざ行く価値あり-世界のデスティネーション・レストラン12選

料理以外にもミッションが-グストゥ

Source: TripAdvisor

原題:These 12 Restaurants Are Worth Traveling Across the World to See(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE