コンテンツにスキップする

NAFTA再交渉第5回協議が終了-主要問題で合意形成の兆し見えず

北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第5回協議は21日、大きな進展がないまま終了した。トランプ米政権が示した意見の分かれる提案を巡り、交渉が行き詰っている状況が浮き彫りとなった。

  協議について知る関係者2人が匿名を条件に語ったところでは、交渉担当者は今回の協議で、いずれの個別分野についても作業終了に至らなかった。NAFTAについて21日に記者団にブリーフィングを行った米高官は、特定の分野に言及したり、新たなチャプターでの合意成立を示唆したりしなかった。

  ワシントンで来月予定される交渉はこれまでよりも小規模になる見通しで、第6回の公式協議はカナダのモントリオールで来年1月23-28日に開催される。

原題:Nafta Round Ends With No Sign of Consensus on Big-Ticket Issues(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE