コンテンツにスキップする

李克強首相:日中関係は徐々に改善-経済界の訪中団と会談

  • 日中の経済界は今後も意思疎通や交流を深めるべきだとの認識表明
  • 約250人が参加する日中経済協会の訪問団と会談

中国の李克強首相は21日、日本の経済界の訪中団と会談し日中関係が徐々に改善しつつあるとの認識を表明した。

  李首相はこの日午後、過去最大規模となった約250人が参加する日中経済協会の訪問団に、両国の経済界は今後も意思疎通や交流を深めるべきだと指摘。「良い成果が得られるよう望んでいる。われわれはこれを尊重し、関係改善に向けた基礎を強固にすべきだ」と述べた。

  新日鉄住金の宗岡正二会長率いる訪問団は20日に北京入り。23日に広州に向かい、26日に帰国する。

原題:China’s Li Tells Japanese Business Group That Ties are Improving(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE