コンテンツにスキップする

ゴールドマンに約27億円の支払い命令、インドネシア企業家に-裁判所

  • ゴールドマンのハンソン株取得は「違法な取引」-南ジャカルタ地裁
  • チョクロサプトロ氏に対するゴールドマンの逆提訴は棄却

インドネシアの裁判所は米ゴールドマン・サックス・グループに対し、同国の不動産開発会社ハンソン・インターナショナルの株式を「違法な取引」で取得したとして、同社創業者のベニー・チョクロサプトロ氏に3208億ルピア(約26億7000万円)の賠償金を支払うよう命じた。

  南ジャカルタ地方裁判所のアフマド・グントゥル判事は21日、ゴールドマンにチョクロサプトロ氏への株式返還も併せて命じる判決を言い渡した。一方、ゴールドマンが昨年、根拠のない訴訟で評判が損なわれたとして同氏に10億ドルの支払いを求めた逆提訴は棄却した。チョクロサプトロ氏はゴールドマンがハンソン株を不適切に取得したと主張しており、この訴えが認められた格好になる。

  ゴールドマンの在香港広報担当者は「南ジャカルタ地裁の本日の判決にわれわれは驚き、失望している。可及的速やかに控訴する」と述べた。チョクロサプトロ氏とは携帯電話で連絡がついたものの、コメントは得られなかった。

原題:Goldman Sachs Ordered to Pay $24 Million to Indonesia Tycoon (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE