コンテンツにスキップする

ウォール街のブロックチェーン利用近づく-「機能すること分かった」

  • エクイティスワップ市場での6カ月に及ぶテストプログラムが成功
  • ゴールドマンやJPモルガン、シティなどがプログラムに参加
1507299624_247699656
Photographer: Andrey Rudakov
1507299624_247699656
Photographer: Andrey Rudakov

分散型デジタル台帳、ブロックチェーンの金融業界での利用が現実に近づいた。ゴールドマン・サックス・グループやJPモルガン・チェースなどの銀行が参加し、2兆8000億ドル(約315兆円)規模のエクイティスワップ市場で6カ月間実施されたテスト運用が成功した。

  新興企業アクソニが管理したこのプログラムは取引執行後のスワップ契約のほか、契約の修正や終了、株式分割や配当などについて記録。同社は20日、「100%の成功率だった」と発表した。カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)やシティグループ、BNPパリバ、クレディ・スイス・グループなども参加した。

  アクソニのグレッグ・シュベイ最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「順調に前進の方向だ。機能することが分かった」と述べた。
  
  ウォール街がブロックチェーンに魅力を感じるのは、バックオフィス業務のコストを大幅に引き下げ、取引の清算・決済にかかる時間を迅速化できる可能性があるためだ。金融機関は決済が終わるまで資本を用意しておく必要があるが、その時間が数日あるいは数週間から数分に短縮されれば、この大量資本を別の目的に使うことができる。

Blockchain Dreams

  アクソニと競合するデジタル・アセット・ホールディングスやシンビオント、R3、チェーンなども金融機関にブロックチェーン技術を試してもらうプログラムを提供している。

  ブロックチェーンの技術で取引を迅速化できる理由は、金融機関と資産運用会社全てが台帳を共有するネットワークのメンバーとなるためだ。どのメンバーも同台帳の最新コピーを手にすることになり、ネットワーク上のどこで支払いが生じてもほぼリアルタイムで処理できる。

  シティのプライムファイナンスのグローバル責任者アダム・ハーマン氏は発表文で、「バリュエーションに関する論争も対立解消の必要性も減って、データにリアルタイムでアクセスできるのは業界全体に恩恵を与える」と評価した。

原題:Blockchain Gets a Wall Street Win: ‘We Know the Thing Works Now’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE