コンテンツにスキップする

モラー特別検察官、ゲーツ被告の弁護士の利益相反検討を判事に要請

  • 弁護士はゲーツ被告の知人のブラウン被告の代理人も兼務-検察官
  • 両被告は互いに相手に不利な証言を求められる可能性がある

昨年の米大統領選へのロシア干渉疑惑を捜査するモラー特別検察官率いるチームによって、資金洗浄などの罪で先月起訴されたリック・ゲーツ被告は、詐欺罪で起訴されているカリフォルニア州の男と長きにわたり個人的かつビジネス上の関係を持っていると、同チームの検察官らが明らかにした。

Former Trump Campaign Chairman Paul Manafort Bond Hearing

リック・ゲーツ被告

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  モラー特別検察官のオフィスによれば、このスティーブン・ブラウン被告の代理人を務める弁護士はゲーツ被告の代理人の一人でもあり、両被告が互いに相手に不利な証言を求められる可能性があるため、利益相反に陥る可能性がある。検察官らは20日にワシントンの連邦地裁に提出した文書で、判事に対し、ウォルター・マック弁護士が両被告の代理人を務めることが可能かどうか検討するよう求めた。ブラウン被告は昨年、ニューヨークで映画関係の投資詐欺を行った罪で起訴された。

  マック弁護士はコメントを控えた。

原題:Mueller Asks Judge Whether Rick Gates Attorney Has Conflict (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE