コンテンツにスキップする

トヨタが米工場にコスト削減要請-日本製カムリ販売の方が利益出る

  • TMMKジェームス社長がビデオで警告-削減なければ不確かな未来
  • 「怖がらせるのではなく、現在抱えるリスクへの認識を高めるため」
Toyota to U.S. Workers: Made-in-Japan Camrys More Profitable

Toyota to U.S. Workers: Made-in-Japan Camrys More Profitable

Toyota to U.S. Workers: Made-in-Japan Camrys More Profitable

トヨタ自動車は人気セダン「カムリ」を生産する米ケンタッキー州ジョージタウン工場(TMMK)の従業員に、不吉な警告を発した。今すぐコストを削減しなければ、不確かな未来が待っている-。

  ブルームバーグ・ニュースが入手した2分半の従業員向けビデオメッセージによると、TMMKを7年余り統括してきたウィル・ジェームス社長は、同工場で生産したカムリを販売するより、日本で組み立てたカムリをケンタッキー州に輸送し売った方が利益が高くなる可能性はあると語った。

  ジェームス社長は「みなさんを怖がらせるためではなく、わたしたちが現在抱えるリスクへの認識を高めるために話している」と説明。トヨタがTMMKを閉鎖する計画はなく、今後30年にわたって投資は継続されるとしながらも、「これも全て、われわれがこれまで行ってきた品質と安全面の向上と同じくらい、コスト削減と効率化を進めることができるという前提に立っている」と述べた。今月録画されたビデオとなっている。

  トヨタの豊田章男社長はコスト削減の陣頭指揮を執っており、それがビデオ内容から垣間見える。同社は電化や人工知能(AI)など自動車産業を変革し得るテクノロジーへの重点投資を増やす一方、得意の生産システムでは一段のコスト削減に努めている。

Mammoth Plant

  全米自動車労組(UAW)の支持者はビデオメッセージについて、TMMK内の親労組センチメントを抑え込む試みと受け止めた。同工場では正社員8000人余りのほか、一時労働者約1500人が働いている。溶接工場で働くジョー・スミディ氏(43)は、ビデオは労組への加入を思いとどまらせるよりも加入を後押しするもので、逆効果だったかもしれないと指摘。「従業員の神経を逆なでし、労組に加入しようとする人の数が急増した」と述べた。
         
  TMMK広報のリック・ヘスターバーグ氏は電子メールで、今回のビデオメッセージは定期的なもので、UAWのキャンペーンとは無関係と指摘。「われわれのここでの事業は長期的なものだ。それを踏まえれば、コスト競争力は常に最重要だ」とコメントした。

原題:Toyota Puts U.S. Workers on Alert: Made-in-Japan Camrys Cheaper(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE