コンテンツにスキップする

グーグル苦しめる「悪のユニコーン」-そのリアルタイム情報は真実か

  • 悪のユニコーンとは同社の一部エンジニアがかつて使った言葉
  • 事実確認が取れない、うそ満載の情報を指す-元幹部
Facebook, Twitter And Google Executives Testify Before The House Intelligence Committee
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Facebook, Twitter And Google Executives Testify Before The House Intelligence Committee
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米フェイスブックが抱える問題が偽ニュースなら、グーグルは伝説の生き物ユニコーン(一角獣)と格闘している。しかも、このユニコーンはたちが悪いときている。

  「悪のユニコーン」とは同社の一部エンジニアがかつて使った言葉で、元幹部によれば事実確認が取れない、うそ満載の情報を指す。こうした情報は時折ウェブサイトに掲載され、グーグルの検索結果として表示される。こうした虚偽で悪質な情報は同社のアルゴリズムによって検索時に振り分けられ、ウェブの世界でほとんど人目に触れない場所に葬り去られる。それが理想の世界だ。

  だが、悪のユニコーン(本来のユニコーンとは何の関係もない)は隙を突いて人目に付くように設計されている。例えば無差別乱射のような事件が突発的に発生した直後、グーグルの検索エンジンが後押しできる事実確認済み情報はほとんどない。

  マーケティング会社プロペクタの調査スペシャリスト、ネート・デイム氏は「何かが起きた直後は、全ての情報が新しい。真実と現実だけをアルゴリズムが取り出すシステムはない」と指摘する。

  かくして、10月1日のラスベガスの銃乱射でも、その約1カ月後のテキサス州での事件でも、誤った情報がグーグルの検索で上位に表示された。こうした例は同社にとって常に頭痛の種だ。グーグルはこれまでも検索結果のトップにどのウェブ情報が掲載されるかを巡り、それを操作しようとする業者らとの間でバトルを繰り広げてきた。だが、今の相手はリアルタイムのニュースおよび動画の検索結果という、これまでとはちょっと違う分野が標的となっており、混乱をより大きくしている。

  この問題への対応でグーグルは、大事件が起きた際に大半の人が真っ先に見に行く検索結果表示スペースの変更を進めている。同社の検索担当シニアエグゼクティブ、パンデュ・ナヤク氏はニュースイベントに関して間違った内容を限定する方法に取り組んでいると述べたが、詳細については説明を控えた。同社はまた、ユーチューブ上の検索結果も投稿者の確認ができるものに限定したり情報源に関してよりアルゴリズムに重点を置くなど、動画検索も全面的に見直している。

  だが、悪のユニコーン対策にこれで十分だろうか。ニュースを巡る混乱を引き起こしている要因の一つは、リアルタイム情報の検索結果に報道機関以外の個人ブログやツイッター投稿を認めるようになった過去の経緯がある。一部批評家は、リアルタイムで起きている出来事の検索結果は信頼できる情報源からのものに限定すべきだと主張する。

  グーグルはしかし、信頼できるサイトのみを検索対象とすれば、例えばマイナーなヒップホップアーティストの情報を載せる小規模ブログなどニッチ部分が排除される可能性を懸念。また、ニュース報道機関とそれ以外の組織をグーグルが選別するのも、政治的に難しそうだ。

  同社は過去1年にわたって、事実確認を専門とする複数の機関と提携してきた。これはテキサスの乱射事件で一定の成果を挙げた。当初は容疑者は極左だとの間違った情報があふれたことで、グーグルのオートコンプリート機能は容疑者の名前を検索しようとするとその誤情報が示唆されたが、事件の翌日までには事実確認のサイトからの関連性を否定する検索結果が上位に表示された。

  だが、ユーチューブでは問題が続いた。ユーチューブのバイスプレジデント、ジョアンナ・ライト氏は対応強化の必要性を認識しつつも、表示先を大規模なニュース機関に絞ってしまえば、いわゆる「市民ジャーナリスト」の活動を抑えることになると懸念。中東の民主化運動、アラブの春でそうした人々にユーチューブが活用された例に言及した。

Google Inc Offers Free Digital Training To All U.K. Residents

グーグルのサンダー・ピチャイCEO

フォトグラファー:Simon Dawson / Bloomberg

  また、グーグルのビジネスにとっても望ましいことではない。同社はユーチューブのスターがフェイスブックなど競合他社に活躍の場を移さないようにする必要がある。動画投稿者は検索で上位に表示されれば、広告収入でもうけるビジネスの基盤強化に役立つ。

  ユーチューブへの投稿で生計を立てるマット・ジャーボ氏は注目を集めるには、動画のタイトルやタグに人目を引く口語的な表現を用い、なるべく詳しい説明を付ける作戦が有効だと指摘。さらに、フェイスブックやグーグルで話題をチェックすることも多いとし、「ゲームを続ける必要がある」と話した。

原題:Inside Google’s Struggle to Filter Lies from Breaking News(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE