コンテンツにスキップする

「ロシア人は会場にいるか」-セッションズ司法長官が講演でジョーク

  • 法曹界の保守派組織が主催した会合で講演前に冗談飛ばす
  • 大統領選挙戦中のロシア当局者との接触などで長官には厳しい目
セッションズ司法長官

セッションズ司法長官

AP Photo/Carolyn Kaster
セッションズ司法長官
AP Photo/Carolyn Kaster

セッションズ米司法長官は17日、ワシントンでの講演を始める前に、聴衆の中にロシア人はいるかとジョークを飛ばした。昨年の米大統領選へのロシア介入疑惑を巡り、同長官らトランプ政権の一部メンバーが置かれている状況に自ら触れた。

  セッションズ長官はロシアのキスリャク前駐米大使の名前を挙げ、「部屋の中にキスリャク大使はいるか」と質問。「ロシア人はいるか。ロシアに行ったことがある人、いとこがロシアにいる人は会場にいるか」と続けた。法曹界の保守派組織であるフェデラリスト・ソサエティーが主催した弁護士の会合でこう述べた長官に、会場は割れんばかりの拍手喝采で応えた。

  トランプ氏の選挙戦中にロシア当局者と接触したほか、他の陣営スタッフによる接触を知っていたとして、セッションズ長官には特に厳しい目が向けられている。長官は14日に下院司法委員会の公聴会で証言。民主党議員はこの場で、長官がロシアとの接触について相反する発言をしたと追及した。

原題:Any Russians in the Room? Sessions Jokes at Washington Speech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE