コンテンツにスキップする

米財務長官:税制改革、ウォール街にも恩恵-富裕層のためではない

  • 法人減税でNY経済に多くの恩恵生じる-FOXに対し述べた
  • 最近の世論調査では約59%が中間所得者層より富裕層に有利と回答

ムニューシン米財務長官は17日、共和党が進める税制改革はニューヨークの富裕層のための政策ではないと述べた上で、ウォール街の金融機関は税制改革に伴う一定の恩恵を期待することができるとの認識を示した。

  同長官はFOXニュースのインタビューで、「法人税率の20%への引き下げでニューヨーク経済に多くの恩恵が生じる。金融サービス業界には大きなブームがもたらされ、金融各社は採用を増やし、報酬や雇用を増やし、競争力を備えることができるようになる」と語った。

  共和党の税制改革案は中間所得者層を豊かにするものだと国民に説明するため、ムニューシン長官は遊説を続けている。ただ、そうした主張への疑問も根強い。7-13日に行われたクウイニピアク全米世論調査では、有権者の約59%が共和党の税制改革は中間所得者層より富裕層に有利になるだろうと答えた。

原題:Wall Street Will Be Riding the Boom From Tax Plan, Mnuchin Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE