中国人民銀、慎重かつ中立的な金融政策を維持へ-四半期報告

  • 経済成長の安定に資する「最適」な環境生み出すことを目指す
  • マクロプルーデンス措置の重要性も強調した

中国人民銀行(中央銀行)は17日公表した四半期金融政策実施報告書で、慎重かつ中立的な金融政策を維持し、市場の流動性と期待を注視するとともに、金利・通貨市場の改革を深めると表明した。

  同報告書によれば、人民銀はレバレッジ解消とバブル抑制、リスク阻止を促しながら、経済成長の安定に資する「最適」な環境を生み出すことを目指している。金融および金融以外の政策協調を改善し、外国金融機関の市場アクセス規制を緩和するとも説明した。

  人民銀はまた金融システム全体の健全性を見据えたマクロプルーデンス措置の重要性を強調。消費者物価指数(CPI)目標だけに頼る「金融政策の枠組みには欠陥がある」とし、「CPIが比較的安定していても、資産価格と金融市場は大きく変動し得る」と指摘した。

原題:China Will Keep ‘Neutral’ Monetary Policy, PBOC Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE